キャッシングで注意すべきこと

キャッシングで注意すべきこと

キャッシングで注意すべきこと

これからキャッシングを利用していこうという時に、金融機関と契約を結ぶことになります。この時注意しなければならないことは必要書類を金融機関に間違いのない内容で用意していくことと、他でキャッシングを利用しているのであれば他社で借入れている合計額を算出してみることが重要になってきます。

 

要点の一つめが必要書類を金融機関に間違いのない内容で用意していく事になりますが、最初にキャッシングを利用していこうという時には、個人証明などの必要書類の提出が要求されます。そしてもらっている収入の証明を行うための書類も必要になってきます。身分証明書としては運転免許証や保険証、パスポートなどがあります。そして収入を証明させるための書類としては、給料をもらっている方ならば源泉徴収票や数カ月分の給与明細、そしてアルバイトやパートといった不定期で収入を得ている方は給与明細の提示が必要になってきますので、申し込む時には用意しなければなりません。自営業者になってくると所得証明書が必要になりますが、昨年度の内容になります。

 

次に気をつけなければならないことが他社で借入れている金額の算出です。キャッシングを利用する時には総量規制になるものがあります。この総量規制というのは年収の3分の1以上カードローンやキャッシングを利用できないという規制です。この金額を算出しておく必要があり、この金額以上キャッシングを利用しているのであれば、借用することが無理と考えていいでしょう。キャッシングを申し込む前に判断しなければならないことであり、総量規制の知識も頭に入れておかなければなりません。

 

キャッシングを用意すべき内容や注意点をクリアした後に契約することになりますが、ここでも様々な注意点が出てきます。キャッシングの契約を行った後は、とにかく返済に遅れてはいけないということです。この点を怠ってしまうと遅延に関して損害金を支払わなければならなくなってしまいます。返済額も大きくなってしまいますので、注意しなければなりません。引き落として返済する方法も楽ですが、口座の中に入っている金額が返済額以下になってしまうと残額不足で支払えないという事態もあります。引き落とし日の前日には十分資金が入っているかチェックをしておいてください。長くキャッシングを利用していくと考えているのであれば、計画的に金融機関に遅れることなく返済プランを練っていきましょう。