返済シミュレーションを行うこと!

返済シミュレーションを行うこと!

返済シミュレーションを行うこと!

カード会社のホームページには、実際にキャッシングを行う前の「返済シミュレーションツール」があります。返済シミュレーションツールにより毎月の返済額がどれぐらいになるのか、また返済期間などを試算することができます。無理なく返済できる額を借りることが大切ですし、返済期間が長すぎるとそれだけ多くの利子を取られることになります。2年後、3年後の支払い状況について予測を立てるのは難しいと思います。返済シミュレーションツールでは、1年ぐらいの期間であれば、ほぼ正確に年内に支払う額を算出できます。

 

ただし、順調に毎月規則正しく返済できればいいですが、返済途中で借り入れてしまうと返済プランが狂ってきます。返済不能に陥る原因は、借り入れては返済、借り入れては返済・・・を繰り返す「自転車操業」になってしまうことです。返済プランを着実に実行する意思の強さも必要でしょう。ところで、この返済シミュレーションツールですが、カード会社によって条件等が異なっています。利用する際には、複数のカード会社を比較することをおすすめします。それぞれのカード会社に独自の基準があるようです。複数の中から、返済しやすいと思えるところを選びましょう。